市川大河いちかわ たいが

プロジェクト・コーディネーター

フリーランスライター・脚本家・演出家 元映画助監督 制作進行

1966年 東京・青山出身。大学在学中から、東映、松竹を中心に助監督・制作進行の仕事を開始。
東映ビデオのイベントで、80年代中盤に3回開かれた『東映ビデオフェスティバル』では、
オールナイトイベント含め構成や司会も務めた。助監督・制作進行仕事は、
プロダクションの刑事ドラマから、Vシネマ、本編や、松竹出資のバズ・カンパニーでの、
2時間サスペンスやVシネマ等、映画業時代に、50本近くの映像作品に携わった。
1994年、過労に伴う大病で倒れ現場仕事を断念。フリーランスの物書きとして人生再スタート。
当初は海外輸入ビデオの紹介記事やプレス用資料が多かったが、
別冊宝島『このゲームがすごい!』や『月刊ゲーム批評』等でゲームレビューが好評。
一方で平井和正氏と組んで『メガビタミンショック』の編集チームにも加わり、
平井和正著『ウルフガイ・イン・ソドム(ハルキ文庫)』では解説を務めた。
その後も60年代・70年代サブカルチャーをメインに『別冊宝島』等で活躍。
主要ジャンルは、邦画・洋画・邦楽洋楽ロック・特撮映画・70年代ドラマ・特撮・
アニメ・刑事ドラマ・NHK朝ドラ等々の批評や評論等を手広く展開。
2000年代に入ってからPNをいくつか使い分ける事で職業範囲を細分化。
2014年にはニッポン放送主催の演劇『カミサマ未満』で脚本と演出を務めた。

近年の主な仕事
㈱KADOKAWA 『電脳たけくまメモ』 構成・執筆
㈱ニッポン放送主催 『ニートの神様』 企画
㈱ニッポン放送主催 『カミサマ未満』 企画・脚本・演出
新宿ロフトプラスワン トークイベントトークイベント『市川大河 Tiger’s LIVE』 不定期開催・主催
調布ラジオ『アトレクタイム・元気UP↑ラジオ!』構成・トーク